人気があるVIOラインの形・デザインは?VIO脱毛する前にチェック♪

VIOの脱毛をする時に、Vラインの内側の毛をどんな形に残すのかを自由に選ぶことが出来ます。今回はVラインのデザインについて紹介します。

そもそもVIO脱毛のVIOとは?

VIO脱毛のVIO(ブイアイオー)とは、

Vライン(ビキニライン)
Iライン(陰部の両側)
Oライン(肛門周辺)
に生えているムダ毛(陰毛)のことです。

VIO脱毛とは、アンダーヘアの脱毛のことです。陰部周辺のデリケートゾーンまたはビキニラインともいわれるところの脱毛です。Vライン・Iライン・Oラインをあわせた、VIO脱毛またはハイジニーナ脱毛と呼ばれることも多いです。ハイジニーナは、アンダーヘアを全てなくした状態のことをいいます。

Vライン

脚の付け根のショーツからはみ出る部分
どの部分をVラインと呼ぶかは若干クリニックやサロンによって違いますが、はみ出る部分をVライン、その内側をトライアングルと分けているところが多いです。一部、この両方を含めてVラインと呼んでいるところもあります。
全処理・ハイジニーナの場合は、トライアングルの部分も含めて処理をします。

Iライン

性器周囲
サロンやクリニックによって、性器内側の粘膜部分は照射できないところも多いです。粘膜部分も含めて毛の生えているところ全て施術可能なところもありますので、その辺りは確認が必要です。

Oライン

肛門の周り

どんなデザインにする?

VIO脱毛をする時、毛をどんな形に残すかを自分で自由に選ぶことが出来ます。
IラインとOラインは毛を残さずつるつるに脱毛する方がほとんどですが、Vラインはある程度残す方が多いです。

スクエア型

Vラインの形で人気なのがこのスクエア型です。明らかに「脱毛しました」という感じでなく、仕上がりが自然な形でナチュラルに残している感じが人気です。

逆三角形のトライアングル

次に人気なのが、逆三角形のトライアングルです。形はお手入れ前と同じままで、はみ出ていた部分を整えるだけのベーシックな形です。面積を小さくして下着からはみ出さないようにします。大きめ、小さめなど面積は好みに応じて調整してもらえます。

楕円のオーバル・U字型

楕円のオーバルや、U字型も自然に見えやすくて人気です。
女性的で、かわいらしい印象になります。

長方形型のIライン型

Iライン型は細長い長方形で、毛の生えている部分が小さいです。トライアングルより面積を小さくして、面積の小さい下着でも脇からはみ出しにくくします。様々なデザインの下着や水着に挑戦したい人向けです。

ハート・スター

あまり一般的ではありませんが、ハートやスターなどのデザインにすることも可能です。しかし奇抜な印象があるので、毛が生えなくなる脱毛で行うのはあまりお勧めできません。おしゃれ感覚で一時的に行いたいのであれば、ブラジリアンワックスで脱毛するとよいでしょう。

ハイジニーナ

アンダーヘア全てを脱毛して、無毛にすることをハイジニーナといいます。俗に「パイパン」と呼ばれています。日本ではまだまだ浸透しきっていませんが、欧米ではハイジニーナが一般化してきています。

Vラインの毛が濃いので形も整えたいけど全体に薄い感じにしたい時には?

形を整えつつ、全体を薄くしたい場合は、まずVライン全体の施術を数回受ける必要があります。よって、最初の数回はVライン全てを自己処理しなければなりません。いわゆる「全剃り」です。ハイジニーナ(無毛)にしない人でも、3,4回はVライン全体に照射する人がほとんどです。
特に濃さは気にせずに、形だけを整えたい方は、脱毛したい箇所だけを自己処理してから施術を受けることになります。
全剃りはその人も元々の毛の濃さや太さなどによっても回数は変わりますが、全剃りに抵抗がある人はその期間を考えての施術のスケジュールをたてましょう。

事前にしっかり確認しながら後悔しないVIO脱毛を

VIOラインは施術部位の中でも特にデリケートな部分です。なかなか聞きにくいことがあったりしますが、カウンセリングの時にはダイレクトに質問して、納得のいく後悔しない脱毛をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です